製品の詳細

ホーム > 取扱いメーカー > TRISKEM INTERNATIONAL > 製品の詳細

アプリケーション(応用例)

フランス TRISKEM INTERNATIONAL

TrisKem International社レジンは、

下記のアプリケーションにおいてもご使用できます

 

  • Radiopharmacy 医療アプリケーションにおける放射性核種の分離
  • Environment 環境およびバイオアッセイサンプル中の放射性核種の測定
  • Geochemistry ICP-MS分析における陽イオンの効果的な分離
  • Decommissioning 核廃炉サンプル中の放射性核種の測定

 

Radiopharmacy 医療アプリケーションにおける放射性核種の分離

TrisKem International社製レジンは、医療用途の放射性核種(Cu-64/7、Ge-68、Ga-67/8、Sc-44/7、Zr-89、アルファ放射体など)の製造および品質管理での応用例がますます増えてきており、世界中の主要な放射性核種の製造元がその技法を採用しています。
選択性の高いレジンに加えて、選択的クロマトグラフィー紙としてDGAシートを開発しました。これは放射性核種とジェネレーター廃液(Ac-225、Pb-212、Ga-68)の品質管理用として使用されます。
 
  • 迅速で非常に優れた分離技術
  • 放射ターゲットからの放射性核種の分離
  • 医療用途の放射性核種の品質管理
  • ポストジェネレーター精製
  • 放射線防護と放射分析
  • グローブボックスまたはホットセル内で簡単に使用
  • 高エネルギーサンプル
 
製品 アプリケーション*
CUレジン CU-64/7
ZRレジン ZR-89, Ti-44/5, Ge-68, Ga-67/8
TBPレジン Sn-117m, Zr-89, Actinides
TK200レジン Ga-68, Actinides
TK400レジン Pa-230/1, Nb-90
DGAシート

Ra-223, Pb-212, AC-225/Bi-213,

Ge-68/Ga-68の品質管理

CLレジン 廃液からの除去, Ag, PGE, Cl-36/I-129
TK100レジン

Sr-82, Sr(直接分離)

TK101レジン Pb(直接分離)
Csレジン

Cs, Rb

ディスク α線スペクトル測定用線源の調製
MnO2-PANレジン Ra-226/8
Ra Nucfilmsディスク Ra-226

*主なアプリケーションは太字で記載しています

 

Environment 環境およびバイオアッセイサンプル中の放射性核種の測定

TrisKem International社製抽出クロマトグラフィーレジンは、バイオアッセイサンプルおよび環境マトリクス(土壌、堆積物、植物、水面、地面、海水サンプルなど)に含まれる放射性核種(アクチニド、核分裂生成物)の分離と測定に使用することができます。
 
緊急時やルーチンワークでの、より迅速かつ正確な放射性核種測定に使用できるだけでなく、適切なサンプル調製方法と組み合わせることで、大量のサンプル分析において極低レベルの検出限界を達成します。
 
国際的な認定試験所および監視機関が使用する放射化学の標準技術にもなっています。
 
  • 迅速、緊急時用のメソッドとして
  • 大量の環境サンプルに
  • 様々なマトリクスに
  • 1つのサンプル中に含まれる複数核種の分離
  • 迅速なメソッドおよび高い信頼性

 

製品 アプリケーション
CLレジン Cl-36, I-129
CSレジン Cs-134/7

TK100レジン

TK101レジン

Direct Sr and direct Pb Determination

TK400レジン Pa, Nb
TK200レジン U, Pu, Th
TBPレジン Sn, Actinides
MnO2-PANレジン Ra preconcentration
Ra Nucfilmディスク Ra-226
ディスク α線スペクトル測定用線源の調製

DGAシート

薄層クロマトグラフィーによる迅速スクリーニング
CUレジン Cu
ZRレジン Zr, Ti, Nb, Ga, Ge

*主なアプリケーションは太字で記載しています

 

Geochemistry ICP-MS分析における陽イオンの効果的な分離

TrisKem International社は、分離化学において非常に専門的でさまざまな選択性を持つ幅広い種類のレジンを開発することで、サンプル調製における問題を解決します。
 
幅広い製品群と長年の経験により、TrisKem International社はより正確に検出下限値を達成します。頻繁に起こる問題は、機器の測定の妨げとなるマトリクスの除去に集中しています。例えばICP-MSの場合、等圧干渉は正確な測定の妨げになるので必ず取り除く必要があります。
 
この場合、対象の分析物に対する選択性が重要です。抽出クロマトグラフィー技法は、地質年代学や年代測定におけるSr放射性同位体の比率(U/Pb、Nd/Smなど)の測定や、難しいマトリクス中のPb、Beの測定など、さまざまな分析アプリケーションで広く使用されています。

 

  • 年代と放射能の比率測定
  • 事前濃縮およびマトリクスの除去
  • 等圧干渉の除去
  • 迅速なメソッドおよび高い信頼性
  • 単一サンプルからの様々な放射性核種の分離

 

製品 アプリケーション*
CUレジン Cu
ZRレジン Zr, Ti, Nb, Ga, Ge
TK400レジン Pa, Nb
TK100レジン Sr(直接分離)

TK101レジン

Pb(直接分離)
TBPレジン Sn, Actinides
CLレジン

Ag, PGE

CSレジン Cs-134/7
TK200レジン U, Th, Pu
MnO2-PANレジン Ra preconcentration
Ra Nucfiimsディスク Ra-226
ディスク
α線スペクトル測定用線源の調製
DGAシート 薄層クロマトグラフィーによる迅速スクリーニング

*主なアプリケーションは太字で記載しています

 

Decommissioning 核廃炉サンプル中の放射性核種の測定

TrisKem International社は、環境モニタリングやバイオアッセイ分析の標準的な手法である抽出クロマトグラフィーレジンのメーカーとして世界的に有名です。原子力施設の廃炉に伴う分析を容易にするためのレジンもご用意しています。
 
TrisKem International社レジンの高い選択性は、コンクリートや使用済みレジン等の高マトリックスサンプルからの標準アルファおよびベータエミッター(アクチニド、Sr-89/90、Ni-63、Tc-99など)の分析だけでなく、Sn-121m/Sn-126、Zr-93などのいわゆる測定が困難な(DTM)放射性核種の測定も可能にします。
 
お客様のニーズに応じて、新しいメソッドの開発に常に取り組んでいます。 
Se-79、Sb-125、Cs-135、Nb-93m/Nb-94、Ag-108m、Pd-107の放射性核種のメソッドは現在開発中です。
 
TrisKem International社では、廃炉サンプルの分析に使用されるレジンの他に、放射能汚染水や廃液の除染に使用できるPANレジンもご用意しています。
 
  • 緊急なメソッドに迅速に対応
  • 迅速かつ信頼性の高い結果
  • 取り扱いが簡単
  • 高いサンプル処理能力
  • ひとつのサンプルからの複数の分析
  • 毒物劇物に該当しない安全な試薬を使用
  • 測定が困難な放射性核種にもご使用いただけます
  • 廃液の除染にご使用いただけます
 
製品 アプリケーション*
CSレジン Cs-134/7
CLレジン Cl-36, I-129, Ag
TBPレジン Sn-121m/Sn-126, Actinides
Zrレジン Zr-93, Ti, Ga, Nb, Mo, Ge
DGAシート 薄層クロマトグラフィーによる迅速スクリーニング
TK400レジン Pa, Nb, Mo
TK100レジン Sr(直接分離)
TK101レジン Pb(直接分離)
TK200レジン U, Pu, Th
ディスク α線スペクトル測定用線源の調製
MnO2-PANレジン Ra preconcentration
Ra Nucfilmsディスク Ra-226
CUレジン Cu

*主なアプリケーションは太字で記載しています

 

TEL:03-3862-2700(代表)

お問い合わせ・カタログ請求はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加