製品の詳細

ホーム > 製品を探す > 製品の詳細

2016年 最新情報

 

 

2016年10月

ペプチド受託合成とDNA受託合成について

当社では、高品質・迅速・経済的な価格のペプチド受託合成とDNA受託合成を世界有力3社から輸入提供いたします。

 

カスタムペプチド合成,カスタムモノクローナル抗体

【米国AAPPTEC社】

*自動ペプチド合成機から数千種類のペプチドのラインアップ

*mgからkg対応可能

 

カスタムオリゴ,プライマー,二重標識プローブ

【デンマーク国TAG Copenhagen A/S】

*First-in-Class品質

*DIN EN ISO 9001:2008に準拠

*ヨーロッパで始めて大量の受託オリゴヌクレオチドの生産

*MALDI-TOFによる全てのオリゴヌクレオチドの品質管理

 

non-GMPからGMPレベルまで対応可能

【米国PolyPeptide Group】

*世界中に6ヶ所の工場が所在(米国2ヶ所、フランス、デンマーク、スウェーデン、インド)

*様々な種類のカスタムペプチド合成が可能(Bioactiveペプチド、Natural protected アミノ酸、特殊アミノ酸、ビルディングブロック、二次構造、放射性標識されたペプチド、前臨床研究用Ⅰ- Ⅲ、商業製造、カスタムペプチド合成、API用のペプチドなど)

 

2016年10月

英国Meridian社 静電気帯電付着防止付プラスチックシンチレーションバイアルの発売

この度、上記プラスチックバイアル(20mlおよび8ml)を英国のポンド安により低価格で発売開始しました。

 

20mLプラスチックシンチレーションバイアル(キャップ付)

カタログ番号 数量        価格
PV1-AS-1  1,000 個入り×1 箱 ¥34,000.-
PV1-AS-3  1,000 個入り×3 箱 ¥92,000.-
PV1-AS-5  1,000 個入り×5 箱 ¥150,000.-
 
8mLプラスチックシンチレーションバイアル(キャップ付)
カタログ番号 数量         価格
PV4-AS-1  2,000 個入り×1 箱 ¥36,000.-
PV4-AS-3  2,000 個入り×3 箱 ¥97,000.-
PV4-AS-5  2,000 個入り×5 箱 ¥155,000.-

 

2016年9月

第56回日本核医学会学術総会 出展のお知らせ

来る2016年11月3日(木・祝)~5日(土)まで名古屋国際会議場にて第56回日本核医学会学術総会が開催されます。

出展内容(一部):

フィンランド国Hidex社

Triathler(トライアスラー)ポータブル液体シンチレーションカウンター

米国Biodex社

アトムラボドーズキャリブレーター

お気軽にお立ち寄りくださいrun

 

2016年9月

来る2016年10月13日(木)~15日(土)までキッセイ文化ホール(長野県松本文化会館)にて第31回日本薬物動態学会が開催されます。

出展内容(一部):

英国LabLogic社

β-RAM 5Cラジオ液体クロマトグラフィー検出器

フィンランド国Hidex社

Hidex Sense (センス) マイクロプレートリーダー

-世界初の超小型、最新のタッチパネルを体感くださいflair

お気軽にお立ち寄りくださいrun

 

2016年9月

来る2016年9月25日(日)~27日(火)まで仙台国際センターにて第89回日本生化学会大会が開催されます。

出展内容(一部):

フィンランド国Hidex社製

Hidex Sense (センス) マイクロプレートリーダー

-世界初の超小型、最新のタッチパネルを体感くださいflair

Triathler (トライアスラー) ポータブル液体シンチレーションカウンター

お気軽にお立ち寄りくださいrun

 

2016年8月

実験用小動物安楽死システムの発売(フランス国Minerve社製)

欧州連合は、欧州議会および理事会指令 2010/63/EUを制定し、実験動物の苦痛軽減の対応を求めています。これに基づき開発商品化された自動安楽死システムが、この程フランス国Minerve社より発表されました。

 

当社ではこの全行程を自動化し、安全かつ厳密にそれを行うことができるシステムの取扱いを開始いたしました。

 

2016年8月

Seaborg賞授与 米国Eichrom Technologies社E. P. Horwitz博士

2016年の第252回全米化学会のNuclear Chemisstry and Technology部門でEichrom Technologies社の現最高顧問のE.P.Horwitz博士(元Argonne National LaboratoryのSenior Research Scientist)が抽出クロマトグラフィーに関する分離技法のパイオニアとしてこの学会より名誉あるSeaborg賞を授与されることになりました。Dr. Horwitzの抽出技法は、米国Eichrom Technologies社が商品化し、今や世界中で最もポピュラーな分析分離、濃縮法の一つとなっております。

 

当社はEichrom Technologies社の日本総代理店として20数年以上も日本の皆さまにこの商品を広く、数多くご紹介いたしております。

 
2016年8月

日頃より当社のウェブサイトをご覧くださり、誠に有難うございます。

お盆休み・夏期休業はございませんので、通常通り営業しております。商品のご購入につきましても、通常通り行っておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

mailto tokyo@sowa-trading.co.jp

telephone 03-3862-2700

 

2016年6月

英国RADDECインターナショナル社製Pyrolyserシステムの日本総代理店権 獲得しました

原子炉廃炉のために、廃棄物を区別するためには物理的、化学的そして放射線学的な特性を決定するために何千トンもの廃棄物をサンプリングする必要があります。原子力サイトの廃棄物サンプルには、コンクリートから、金属、プラスティック、油分、汚泥、貯蔵された液体廃棄物、軟質廃棄物、そして土壌など多種多様です。

 

RADDEC社のPyrolyser技法は、その熱酸化工程でトリチウム、C-14、Cl-36、I-129等を上記廃棄物から定量的に抽出できるよう設計されています。

 

このPyrolyserではどんな物質サンプルからも揮発性放射性核種を抽出することができるため、放射性廃棄物を正確に特性化することが可能です。このPyrolyserの使用により、正しい廃棄物の区別と廃棄物の削減に直結します。

 

2016年6月

2017年4月採用の新入社員を募集いたします。

 

2016年5月

【新製品】ジルコニウム製るつぼについて

「ジルコニウム製るつぼ」を使用し、迅速にそして容易に溶解させてしまう方法をご紹介いたします。ジルコニウムは、ほとんどの有機酸と無機酸、塩類溶液、強アルカリ、少量の溶融塩に対して優れた耐食性があります。

 

また、還元条件でも酸化条件でも、酸化被膜が安定しています。そして、酸溶液にも基礎溶液にも優れています。なお、空気中で使用できる温度の限界は 450~500℃です。

 

Eichrom Technologies社が発行したApplication Noteにも、土壌やコンクリート、野菜、米など様々なサンプルの前処理でジルコニウム製るつぼが使用されていることが記述されております。

 

2016年5月

米国Eichrom Technologies社 追加商品のご紹介 - CLレジン、Csレジン、Cuレジン他

このたび、下記レジンおよびResolve PTFE Filterで追加商品が発売されました。CLやCsレジンの粒径が大きいサイズは、大容量の分離およびプロセスアプリケーションに適用されます。

 

(1)CLレジン

塩化物やヨウ化物の分離に使用できます。従来の50-100μmおよび100-150μmの粒径サイズのボトルに加え、新たに150-300μmのボトルが発売されました。

 

(2)Csレジン(KNiFC-PANレジン)

様々な液体サンプルからのCs分離や濃縮に使用できます。100-600μmの粒径サイズのボトルに加え、新たに300-800μmのボトルが発売されました。

 

(3)Cuレジン

Cu-64およびCu-67の選択的分離に有効です。従来の100-150μmの粒径サイズのボトルに加え、新たに50-100μmのボトルおよびカートリッジが発売されました。

 

(4)Resolve PTFE Filter(PTFE Laminate)

従来の直径25mmおよび47mmに加え、新たに直径50mmのものが発売されました。

 

2016年4月

平素は格別なるご高配を賜り厚くお礼申し上げます。誠に勝手ながらゴールデンウィーク休業は、下記の通りとさせていただきます。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

bell2016年ゴールデンウィーク休業

4月29日(金)~ 5月1日(日)
5月3日(火) ~ 5月5日(木)

※2016年5月9日(月)より通常業務を開始いたします。休業中にお問い合わせいただきましたメール及びFAXにつきましては、2016年5月9日(月)より順次スピーディーに対応させていただきます。

なお、5月2日(月)、5月6日(木)は通常通り営業いたしております。

 

 

2016年3月

米国Eichrom Technologiesの技法は、米国Argonne National LaboratoryのDr. Horwitzらにより開発されたオリジナル研究技法を1980年末に商品化しました。以来、20数年にわたり、環境分析やバイオアッセイ、地球化学等における放射性物質、核燃料、鉄鋼成分等を化学的に抽出クロマトグラフィー法により、迅速、正確に分離、濃縮するために使用され、日本でも20年以上に渡りこのような分野で広く使用されております。

 

当社では、ユーザーの皆さまを交えて、表題セミナーを2年毎に開催しており、今年は下記の通りに開催いたすことになりました。今回も国内外の多数のゲストスピーカーをお招きし、研究成果をご発表いただきます。多岐にわたるテーマとなっておりますので、ユーザーの皆さまのご研究にお役に立てるような内容と存じます。

 

開催日時:2016年4月19日(火)

    セミナー:10:30~18:30

   (全15セッション)

    懇親会:18:30~20:00

開催場所:KKRホテル東京

    東京メトロ東西線「竹橋駅」3b出口直結 他

受付締切:2016年4月8日(金)

 

定員に限りがございますので、ご参加希望される方はお早めにお問い合わせくださいませ。

mailto tokyo@sowa-trading.co.jp

phoneto 03-3862-2700

 

2016年2月

米国Eichrom Technologies社の抽出クロマトグラフィー用レジンおよびパックドカラム アプリケーションノート(38例)

米国Eichrom Technologies社の抽出クロマトグラフィー用レジンおよびパックドカラムによる最新のアプリケーションノートを38種類記載いたしました。

詳細

 

2016年2月

 第11回米国Eichrom Technologies社製品ユーザーズセミナー(抽出クロマトグラフィー)のゲストスピーカーが決定いたしました。

 

2年に1回開催している表題セミナーは、下記の通り開催いたします。

 

日時:2016年4月19日(火)10:30~18:30

会場:東西線竹橋駅直結徒歩5分 KKR HOTEL TOKYO

 

この折のゲストスピーカーとその演題が決定いたしました。詳細をご覧ください。

なお、参加者へのご案内は、近々行う予定です。ご興味のある方はご連絡ください。

詳細

2016年10月

TEL:03-3862-2700(代表)

お問い合わせ・カタログ請求はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加