製品の詳細

ホーム > 製品を探す > 製品の詳細

ラジオアイソトープドーズキャリブレーター

米国 BIODEX社

厳しい規制当局の要求に対応できる性能を有する、タッチパネル方式で高速で正確な放射性核種の測定ができる装置です。

塩化ラジウムRa-223の測定に対応しています。

 

3種類よりお選びいただけます。

  • アトムラボ500ドーズキャリブレーター
  • ワイプ(スミヤ)テストカウンター
  • アトムラボ500Plusドーズキャリブレーター (アトムラボ500ドーズキャリブレーター+ワイプ(スミヤ)テストカウンター)

 

 
総合カタログはこちら
 

 

アトムラボ500™ドーズキャリブレーター

大画面のタッチスクリーン表示です。わかりやすいメニュー表記で、簡単に操作できます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • Tc-99mで100Ciまで、F-18で25Ciまでの範囲を自動で選択できます。
  • 通常核医学でよく使用される88個の放射性核種があらかじめプログラムされています。また更に12核種はすぐに呼び出すことができます。
  • 表示単位は、CiまたはBqが可能です。
  • コンパクトで設置場所を選びません。
  • 反応時間は超高速です。
  • しっかりとしたソフトウェアと広範囲な機能性を有したカウンターです。
  • 遠隔操作可能な電離チャンバー(検出器)付です。
  • レポートプリンターとラベルプリンターが使用できます。
  • USBメモリーからソフトウェアのアップグレードが可能です。
  • USBポートより、USBマウスやプリンターが使用できます。
  • RS-232ポートを使用して、市販のほとんどの核医学管理システムとコミュニケーションが可能です。
  • ディスプレイは卓上においても、壁に掛けても使用できます。
  • 2年間の保証付です。

 

  • アトムラボ™500の標準的なアプリケーションには以下の性能が含まれています。
    • 自動品質保証プログラム
     −恒常性及び広範な恒常性を有しています
     −直線性に加え、更に自動直線性を有しています
     −正確性を有しています
     −素晴らしい幾何学的特性を有しています
    • 放射性医薬品に対するアプリケーション
     −投与放射能量を計算します
     −容量を決定します
     − 容量、放射能量、モリー濃度を修正し、25個のサンプルの在庫を管理します
    • 複数の検出器のアプリケーション
     −複数の電離チャンバーを使用することができます
    • ワイプテストカウンターのアプリケーション
     − アップグレードによりワイプテストカウンター機能をいつでも装備することが可能です
  •   

 

 

カタログはこちら

 

 

ワイプ(スミヤ)テストカウンター

ワイプテストが簡単にできるようになりました。

品質保証のアプリケーションは広範囲に渡り、ホットラボ管理における要件を効率化し単純化します。
 
アトムラボ™ワイプテストカウンターは、操作が簡単でわかりやすく、素早く信頼性があります。直感的なソフトウェアを使用するカラータッチスクリーンディスプレイにより、ワイプテストの煩わしさは解消されました。キャリブレーションとバックグラウンドの測定を毎日実行し、所定の各位置でワイプテストをカウントするだけです。ヨウ素 200dpm含む全ての領域で全アイソトープのトリガーレベルを設定することができます。システムは、皆さまが設定した位置がトリガーレベルの上下を瞬時に測定します。
 
ワイプテストを実行する際には、フルスペクトラムが表示されます。特定部で予想される同位体のエネルギーを含む広いウィンドウを皆さま自身で設定できます。そのウィンドウにおいて選択されたアイソトープの効率は、工場出荷時の設定値か、統合された検出器効率プログラムにより皆さまが決定した値のいずれかです。広いウィンドウと同様に、各アイソトープの関心領域(ROI)を設定することが可能です。この特性により、汚染を引き起こしている核種を特定することができます。制限区域、非制限区域、密封線源やパッケージなど、ワイプテスト実施場所は最大50個まで入力することができます。その結果は、DPM、CPM、μCiまたはBqで表示されます。このシステムは、鉛で遮へいされた2インチ×2インチのNaIウェル検出器と、64チャンネルのマルチチャンネルアナライザーで構成されています。表示されるエネルギー範囲(スペクトル)は0~800keVで、核医学分野で一般的な値です。
 
ワイプテストカウンターは、全て米国原子力規制委員会(NRC)の基準(10 CFR 35.70、 10 CFR 20.1906 、及び10 CFR 35.2067)と米国のワイプテストの基準に適合する、もしくは上回るように設計されています。校正、FWHM、カイ2乗と最小検出限界(MDA)など、品質保証機能のための自動プログラムがあります。ワイプテストの結果とQAテストのデータはメモリーに格納することができ、いつでも印刷できます。
 
  • 大画面のタッチスクリーン表示です。わかりやすいメニュー表記で、簡単に操作できます。
  • 米国原子力規制委員会(NRC)の規格に適合しています。
  • 64チャンネルのマルチチャンネルアナライザーです。
  • 広いウィンドウと各核種は調節可能です。
  • 2インチ×2インチのNaIウェル検出器です。
  • 遮へいされたウェルは独立しています。
  • エネルギースペクトルには、各関心領域(ROI)があります。
  • 汚染を引き起こしている核種を識別する機能を有します。
  • ワイプ位置とトリガーレベルは皆さまご自身で特定することができます。
  • トリガーレベルが超過した場合はすぐに認識され、スクリーンで点滅し、赤字で印刷されます。
  • CPMとDPMで詳細をレポートします。
  • ワイプテストの結果は保存されます。
  • 電離チャンバーを追加することで、いつでもドーズキャリブレーターにアップグレードが可能です。
  • 2年間の保証付です。
  • RS-232ポートを使用して、市販のほとんどの核医学管理システムとコミュニケーションが可能です。
  •   

 

  • アトアトムラボ™ワイプテストカウンターの標準的なアプリケーションには以下の性能が含まれています。
    • 自動品質保証プログラム
     −半値全幅(FWHM)
     −カイ二乗
     −検出限界放射能値(MDA)

 

 

カタログはこちら

 

 

 

 

アトムラボ500™Plusドーズキャリブレーター

ドーズキャリブレーターとワイプテストカウンターを 1 つに統合しました。

 

アトムラボ™ 500Plusドーズキャリブレーターとワイプテストカウンターは、科学、技術、そしてアプリケーションを一つにしました。
 
アトムラボ™500ドーズキャリブレーターとアトムラボ™ワイプテストカウンターを統合したアトムラボ™500Plusを紹介します。完全で、効率的で、費用対効果の優れた放射能測定システムを作り上げました。アトムラボ™500Plusに付属しているソフトウェアは、包括的で、使い易く、機能豊富です。ソフトウェアは皆さまが考えたままに動作します。必要に応じて皆さまを導きますが、上級ユーザーにとっては負担にはなりません。タッチスクリーンとわかりやすい画面プロンプトにより、「カンニング・ペーパー」の必要性がなくなります。必要な場合には、あらゆる作業が記録され、文章化されるので安心してご利用いただけます。その文章により、規則の遵守が簡単になります。
 
アトムラボ™500ドーズキャリブレーターはアップグレードが可能です。Biodex社のウェブサイトで、または便利なメモリーカードを用いてソフトウェアのアップデートを簡単にインストールすることができます。ついに、皆さまの分子イメージング研究のニーズは全てこの1台で解決できるようになりました。
 
  • 大画面のタッチスクリーン表示です。わかりやすいメニュー表記で、簡単に操作できます。
  • Tc-99mで100Ciまで、F-18で25Ciまでの範囲を自動で選択できます。
  • 通常核医学で使用される88個の放射性核種があらかじめプログラムされています。また更に12核種はすぐに呼び出すことができます。
  • 単位表示は、CiまたはBqが可能です。
  • コンパクトで設置場所を選びません。
  • 反応時間は超高速です。
  • しっかりとしたソフトウェアと広範囲な機能性を有したカウンターです。
  • 遠隔操作可能な電離チャンバー(検出器)付です。
  • 1つのワイプテストカウンターに最大6つの電離チャンバーが接続可能です。
  • レポートプリンターとラベルプリンターが使用可能です。
  • 64チャンネルのマルチチャンネルアナライザーです。
  • 広いウィンドウと各核種は調節可能です。
  • 2インチ×2インチのNaIウェル検出器です。
  • 遮へいされたウェルは独立しています。
  • エネルギースペクトルには個々の関心領域(ROI)があります。
  • 汚染を引き起こしている核種を識別する機能を有します。
  • ワイプ位置とトリガーレベルは皆さまご自身で設定することができます。
  • トリガーレベルが超過した場合は、すぐに認識されます。
  • CPMとDPMで詳細をレポートします。
  • ワイプテストの結果は保存されます。
  • 自己診断ソフトウェアが内蔵されています。
  • ディスプレイは、外部モニターに接続することができます。
  • 米国原子力規制委員会(NRC)の規格に適合しています。
  • USBメモリーからソフトウェアのアップグレードが可能です。
  • USBポートより、USBマウスやプリンターが使用できます。
  • RS-232ポートを使用して、市販のほとんどの核医学管理システムとコミュニケーションが可能です。
  • ディスプレイは卓上においても、壁に掛けても使用できます。
  • 2年間の保証付です。

 

  • アトムラボ™500Plusの標準的なアプリケーション
    −アトムラボ™500とワイプテストカウンター両方のアプリケーションを提供します

 

 

カタログはこちら

 

 

TEL:03-3862-2700(代表)

お問い合わせ・カタログ請求はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加