製品の詳細

ホーム > 製品を探す > 製品の詳細

β-RAM® 5 型 ラジオ液クロ検出器システム

英国 LABLOGIC SYSTEMS社

β-RAM® 5 型は、従来のラジオ液クロ検出の手法に加え、最新の進化によりラジオ液クロ検出器の性能を次世代のレベルへ導きました

分解能

UPLC、高速分解能LC、Fast LC の様なピーク幅が狭いクロマトグラフを、β-RAM 5 型を用いることで測定することができます。低デッドボリュームフィッティング、チュービング、低フローレート用に最適化されたミキシング部品及び特別に設計されたフローセルが、最適なピークの形状と識別を確実にします。また、サブセカンドのデータサンプリングタイムが可能となりました。世界を牽引するHPLC会社各社と、正式な行動開発契約を結んでおり、多くのHPLCと接続可能です。

 

感度

シグナル/ノイズ比を向上させる2つの機構が選択可能です。

 

アクティブカウンティングモード(ACM™)

通常のラジオ液クロクロマトグラフのピークをより高くする機構により、バックグラウンドレベルのピークとの識別をより明確にできます。

 

ストップフローモード

一時的に移動相の流れを止めて、従来のバイアルで測定する液体シンチレーションに近い状態で測定を行い、バックグラウンドレベルのピークとの識別をより明確にできます。

 

  • アクティブカウンティングモードは最高のピーク分解能を測定できるように、ランコンディションをダイナミックに調整します。
  • USB 接続によって装置の操作とデータ収集を行えます。
  • デジタル携帯端末からのBluetooth接続によって装置を操作することができます。(オプション)
  • デッドボリュームを削減した改良されたセル設計です。
  • 非常に狭いピークを優れた精度で測定でき、アップデート時間は一秒以下です。
  • 新しい人間工学に基づく設計です。
  • 設置面積は最小です。
  • 縦または横置きか選べます。
  • 本体の色は青または白です。
  • 新しいドリップトレイとリーク検出機構があります。
  • 推奨ラジオ液クロ用シンチレーションカクテル剤
    β-RAM5シリーズと共にご使用ください。コストパフォーマンスが極めて高い測定が得られます。

 

寸法:34cm ×15cm×33cm(横置き時)、15cm×34cm×33cm(縦置き時)

重量:14.5 kg

電源:100 V 50/60Hz 4A

 


 

カタログはこちら

 

 








TEL:03-3862-2700(代表)

お問い合わせ・カタログ請求はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加