製品の詳細

ホーム > 製品を探す > 製品の詳細

Optimase Polymerase(オプティマーゼポリメラーゼ)

米国TRANSGENOMIC社

 

Optimase Polymerase(オプティマーゼポリメラーゼ)は、変異検出やSNP(一塩基多型)探索のために必要とされる産物の、画期的な調整酵素です。

 

"Optimase"とは、米国Transgemonic社の最先端技法を駆使して製造された世界最高品質の製品です。

 

 

Optimase Polymeraseのフライヤーはこちら

 

 

概要

Optimase Polymeraseは、3'-5'エキソヌクレアーゼ活性を有する耐熱性の高い校正機能付の酵素です。この酵素は、類いまれなPCR能力を有しておりDHPLC技法(熱変性高速液体クロマトグラフィ技法―以下DHPLC技法またはWAVE法と略称します)1-4によるSNP(一塩基多型)や変異の探索用のPCR産物の調製のために特に開発されました。

 

当初は、denaturing high performance liquid chromatography (DHPLC)法1-4として開発されましたが、高い正確性を必要とするPCRアプリケーションにもご使用いただける最適な酵素です。

ご使用いただける分野

  • SNP、変異の探索や、スコアリングに最適です。スコアリングは、SURVEYOR ヌクレアーゼ genome scanning法、DHPLC法、SSCP法、DGGE法などがございます。
  • 高い正確性を必要とするクローニングに最適です。

主な特徴

  • 極めて正確な校正機能を持つ、3'-5'エキソヌクレアーゼ活性を有する酵素です。
  • Optimase Polymeraseの機能を高めるために、開発されたバッファーを用いています。
  • PCRのプロトコールデザインを行うためのOptimase Protocol Writerに自由にアクセスしていただきご使用いただけます。

Optimase Polymeraseの利点

  • PCRにおいて高性能です。校正機能を有する他の全ての酵素よりも高度な正確性をお約束します。1-3
  • WAVEシステム用のDNASepカートリッジの寿命を延ばしたい方は、ぜひご使用下さい。他のdownstream applicationと併用はできません。また、増幅率および正確性を高めます。
  • PCRのプロトコールを簡単に組むことができるため、PCR Optimizationを最小限にすることができます。

参考文献一覧

  1. Muhr, D., Wagner, T. and Oefner, P. 2002. Polymerase chain reaction fidelity and denaturing high-performance liquid chromatography. J Chromatogr B Analyt Technol Biomed Life Sci, 782:105-110. Abstract Library Entry.
  2. Nickerson, M. 2003. “Influence of PCR on DHPLC Polymorphism Characterization.” In Hecker, K. (Editor):Genetic Variance Detection: The Nuts&Bolts of DHPLC in Genomics. 2003, DNA Press.
  3. Application Note #119u. 2002. Transgenomic Optimase Polymerase delivers highest fidelity in PCR for WAVE® System analysis. 
  4. Jagmohan-Changur, S., et al. 2003. EXO1 variants occur commonly in normal population: evidence against a role in hereditary nonpolyposis colorectal cancer. Cancer Res, 63:154-158. Abstract Library Entry.
  5. Mo, J.Y., Maki, H., and Sekiguchi, M. 1991. Mutation specificity of the dnaE173 mutator associated with a defect in the catalytic subunit of DNA polymerase III of Escherichia coli. J. Mol. Biol. 222: 925-936.

ご注文のご案内

 

品番 品名 詳細
703005 Optimase Polymerase Traial Pack With both Mg2+ containing buffer and Mg2+ free buffer and separate Mg2+ solution, 100 Units
703015 Optimase Buffer with Mg2+ Buffer only
703020 Optimase Buffer without Mg2+ Buffer only
703025 Mg2+ Solution Magnesium only
703030 Optimase Polymerase With Mg2+ containing buffer, 250 Units
703045 Optimase Polymerase With Mg2+ free buffer and separate Mg2+ solution, 250 units
703050 Optimase Polymerase PLUS Pack 2×250 Units of Poymerase. (Both Mg2+ containing buffer and Mg2+ free buffer and separate Mg2+ solution)
703055 Optimase Polymerase PREMIUM Pack 5×250 Units of Poymerase. (Both Mg2+ containing buffer and Mg2+ free buffer and separate Mg2+ solution)
703060 Optimase Polymerase ULTRA Pack 10×250 Units of Poymerase. (Both Mg2+ containing buffer and Mg2+ free buffer and separate Mg2+ solution)
SP2024 Optimase Polymerase with dNTPs With dNTPs and both Mg2+ containing buffer and Mg2+ free buffer and separate Mg2+ solution, 100 Units

 

価格につきましては、お問い合わせ下さい。

よくあるご質問

1. Optimase Polymeraseとは?

Optimase Polymeraseは、耐熱性古細菌から分離された、新しい校正機能をもつポリメラーゼです。

 

2. Optimase Polymeraseと市場に出回っているポリメラーゼと比較した時の利点は?

Optimase Polymeraseは、Taq Polymeraseと異なり、他製品に比べ3'→5'エキソヌクレアーゼ活性を有する耐熱性の高い校正機能付の酵素です。この校正機能が、高い正確性を持ったDNAの増幅を可能にします。Optimase Polymeraseは、WAVEシステムやDNA Sepカートリッジに対応しています。他の校正機能を持ったポリメラーゼはおよびバッファーには、DNASepカートリッジの使用期限を短くする添加剤が含まれています。また、オプティマーゼは他のPCRに用いられるポリメラーゼよりも優れた校正機能をもつことが証明されています。

TEL:03-3862-2700(代表)

お問い合わせ・カタログ請求はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加