製品の詳細

ホーム > 取扱いメーカー > PRECIPIO社 > 製品の詳細

"WAVE"全自動遺伝子変異解析システム

米国 PRECIPIO社

現在、遺伝子変異解析を行う検出方法として多種多様な技法があります。近年多用されているものとして、
 

  1. シークエンサーという一般名で普及しているDirectシークエンシング法
  2. PCR-SSCP法
    そして、米国Transgenomic社の最新の特許技法である
  3. 温度変性高速液体クロマトグラフィー法―Denaturating High Performance Liquid Chromatography―DHPLC技法があります。


このDHPLC技法の大いなる利点は、

  •  PCRプライマーあるいはPCR産物にラジオアイソトープや蛍光などの標識が不要である。
  •  ゲルの作製やポリマーの充填が不要である。
  •  人為的なゲルのローディングの手間がなく、温度条件の設定がしやすい。
  •  長いフラグメント<800bpでも容易に解析できる。
  •  検出効率が95%以上と安定した高い検出効率が得られる。
  •  ゲル上で目視による方法ではなく、フローセルによるスペクトロフォトメトリック法で検出できる。
  •  サンプルの泳動後に解析するのではなく、オンラインで自動モニタリングができる。
  •  解析データが自動的に保存されるため、データ管理が容易に行える。
  •  Post PCR処理が不要である。
  •  5~7分と、短時間で簡単に解析できる。
  •  ランニングコストが安価である。

 

等々の理由により、今や広く普及、使用されています。

DHPLC技法を基にした温度変性ヘテロ二本鎖解析法は、図1のとおり変異を含むPCR産物と野生型のDNAを混在させ、加温した後ゆっくり冷却を行い、 ヘテロ二本鎖とホモ二本鎖の混合結合を形成させます。その後、イオンペア逆相系充填剤使用のカラム(DNASepカラム)で分離し、紫外線吸収検出器で検 出します。DNAが蛍光色素で標識されている場合には、蛍光検出器で検出します。これらの情報は、ナビゲーターソフトウェアにより、完全に処理されます。 そして、そのクロマトグラムがナビゲーターにより解析・ファイル化されます。このDHPLC技法により得られる応用例は、多岐にわたっておりますが、主に 下記のようなものがあります。

 

 

WAVE全自動遺伝子変異解析システムのカタログはこちら

 

ヘテロジアニス(異種)サンプルの低頻度変異検出の使用に・・・

  • 正常な細胞/組織存在下における腫瘍に関連する体細胞変異の検出に…
  • プールサンプルによるSNPsスクリーニングの作業効率の向上に…
  • 存在度1%以下の変異を見つけるための、ミトコンドリアのヘテロプラスミーの検出に使用できます。

大きい挿入(変異)及び欠失(変異のスキャニング)の使用に・・・

  • マルチプレックスPCR/DHPLC技法によるRB1遺伝子における複合エクソンの複製の検出に使用できます。

低頻度の変異の回収の使用に・・・

  • WAVEフラグメントコレクターを用いて、ヘテロデュプレックスのフラクション(ヘテロ二本鎖)を回収し、同時に突然変異対立遺伝子を発見するためのDNAシークエンスに…
  • クローンと複合コロニーのシークエンスは不要です。

シークエンス配列の違いに基づいた、関連のフラグメントの複合混合物の分画の使用に・・・

  • 共通のPCRアンプリコンの分離による混合固体からの個々の微生物種の同定に…
  • サンプル間の、個体群の変化のモニターに使用できます。

アレル固有のPCR、RT-PCR、RFLPアッセイからの、エンドポイント産物の解析の使用に・・・

  • 手動で行うゲルベースでの面倒な作業の排除に…
  • 変異のスキャニングに加えて、コスト効率が良く、しかも自動操作です。また、高感度でのジェノタイピングが可能です。

プライマー伸長法により、目的としている変異/SNPのスコアリングの使用に・・・

  • ダイレクト測定、コスト効率のよいアッセイデザイン―プライマーやヌクレオチドに標識が不要です。
  • マルチプレックス法によるスループットの向上とコスト削減に…

既知及び未知の変異/SNPのスキャニングの使用に・・・

  • 変異サンプルの迅速なスクリーニングができることにより、シークエンスの負担とコストの削減に…
  • 複雑な比較DNA配列解析のない、直接yes/noの状況のデータ解析に…
  • もしくは特定の状況下において、シークエンスで見逃された配列変化の発見に…

”WAVE”全自動遺伝子変異解析システム用消耗品関連

TEL:03-3862-2700(代表)

お問い合わせ・カタログ請求はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加