製品の詳細

ホーム > 製品を探す > 製品の詳細

"Sepmatix"8チャンネルパラレルSFC(超臨海流体クロマトグラフィー)システム

ドイツ国 SEPIATEC社

ドイツ国SEPIATEC社の“Sepmatix” 8チャンネルパラレルSFCシステムは、定評ある“Sepmatix”8チャンネルパラレルHPLC技法とSFC技法を結合させたシステムです。このユニークな技法の結合により同時並行に作動する8本のカラムと、速い動作、それに他に類を見ないパフォーマンスを達成した、初の超臨界流体クロマトグラフィーシステムです。

 

光学異性体は僅か数分の間に同時に8本のキラルカラム上で分離させることができます。また溶出液の自動組合せ機能は、最適なキラルカラムスクリーニング条件の決定を従来法とは比較にならない程、大幅に短縮化することが可能となりました。

 

優れたキラルカラムスクリーニングウィザードソフトウェアは、分離された80クロマトグラムを同一画面に明確に表示します。最良のピーク分離能を持つクロマトグラムは、直ちに確認することができます。このソフトウェアは、今までユーザーが費やしてきた最適なクロマトグラムの選択作業時間を大幅に低減することを可能にしました。この全体を表示する機能は、プレゼンテーションに最適です。“Sepmatix”8チャンネルパラレルSFC(超臨界クロマトグラフィー)システムの技法的な変更点は、CO2ポンプとモディファイヤーポンプを追加したことです。SEPIATEC社が特許を持つフローコントロールは、液路を8チャンネルに分割し電子制御バルブにより正確にコントロールしています。バックプレッシャー、レギュレーター、オートマチックサンプラー、8チャンネルダイオードアレイ検出器、加温冷却のできるカラムオーブンは標準装備です。

 

オプションで“Sepmatix” 8チャンネルパラレルSFCシステムにベストな分離を自動認識するソフトウェアを組み込むこともできます。カラムやアプリケーションを自動分取調整システムに変更することも可能です。

TEL:03-3862-2700(代表)

お問い合わせ・カタログ請求はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加