製品の詳細

ホーム > 製品を探す > 製品の詳細

有機合成装置(ペプチド・蛋白質合成装置)

米国 AAPPTEC

AAPPTEC社の有機合成装置は、有機反応のみならず、多形体/再結晶化もできる機能を装備しました。

 

 
総合カタログはこちら
 

 

Vantage全自動ペプチド・有機合成装置

Vantage全自動ペプチド・有機合成装置は、様々な固相合成に対応する先進の技術を駆使した合成装置です。

 

新設計のテフロン製反応槽“アレスリアクター(AresReactor)”は、従来では取扱いが困難とされていた低沸点の試薬やDCM、DMF、THF、ジオキサン、トルエン、ジエチルエーテルのような溶媒を用いることができます。反応中の個々の反応槽は、完全に密閉させて内部を常時0~6気圧に維持できます。

 

また加温や冷却(オプション)の機能もあるため、これらを必要とするペプチド合成や有機合成に応用することも可能にしました。

 

  • デュアルロボットアームが並行して動くことで、全リアクターアッセンブリーに試薬やアミノ酸を高速で分注します。

  • 完全に独立した反応槽です。

  • 冷却-78℃から加温150℃までの間でご使用が可能です。

  • 常圧から加圧反応までご使用が可能です。

  • 不活性環境下での合成が可能です。

  • 柔軟なセットアップに対応可能なインデックステープルトップを装備できます。

  • 15mgから2gまでの幅広い合成スケールに対応できます。

  • 全自動クリベージ機能を装備しました。

  • 内式の6プローブを使用し、1分以下で96ウェルを洗浄可能です。

  • 一度に同時に6種類の異なった試薬を96ウェルに2分以内で分注可能です。

 

book1.pngVantage全自動ペプチド・有機合成装置を使用した文献はこちらよりご覧いただけます。

Solutionパラレル液相合成装置

Solutionパラレル液相合成装置は不活性状態下での有機合成を全自動で行います。送液はロボットアームを使用した高い精度を有しております。

 

  • 15mgから2gまでの幅広い合成スケールに対応できます。

  • 感受性の高いパラジウム触某反応やエノラート反応が可能です。

  • 液相法による有機ペプチドの調製も可能です。

  • 全自動で液―液抽出が可能です。

  • 化合物の複製プレートの調製や保存用のマイクロプレートヘの移送も可能です。

  • 80mlまでの反応槽が使用可能です。(15×80ml~96×5ml)

  • -78℃~150℃まで16段階のゾーンで、一度に同時に合成可能です。

 

Matrix 384自動ペプチド・有機合成装置

最大384種類のペプチドや有機化合物の固相同時合成が行えます。

 

  • 4ケの独立したコントロールリアクターアセンブリにより合成が可能です。
  • 独立した反応槽を用いて化合物のウルトラハイスループット調製が可能です。
  • 高速洗浄機能により溶媒を各々のリアクターのウェルに60秒以内で分注できます。
  • 加温および冷却機能を装備しました。
  • 不活性ガス状況で合成を行います。
  • 95mlと190mlのアミノ酸容器が付属しています。
  • ウィンドウズソフトウェアで操作できます。
  • 可変可能なスピードによるVortexミキサーを有しています。
  • 温度可変リアクターを有しています。

 

LabMate有機合成装置

  • 固相ケミストリーと液相ケミストリーに対応したセミオートタイプの合成装置です。

  • 同時に4種類の異なる温度設定が可能です。

  • 還流型チラーを取り付けて最大24種類の異なる反応を同時進行できます。

  • Fmoc合成法もしくはtBoc合成法によるペプチド合成にも対応できます。

  • グリニャール反応やリチウム試薬、パラジウム化学、ヒドロホウ素化および他の様々な合成法を含むほぼ全ての有機化学に対応できます。

 

TEL:03-3862-2700(代表)

お問い合わせ・カタログ請求はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加